Homebrewインストール時にWarning :~が出た時の解決法【zsh / MacOS Big Sur / M1チップ】

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

 

先日、Homebrewのインストールを試みました。

 

ちなみに私の導入時の環境はこんな感じ↓

  • MacBook Air(M1, 2020)
  • macOS: Big Sur(バージョン11.0.1)
  • チップ(プロセッサ): Apple M1
  • シェル: zsh

 

 

しかし、Homebrewをインストールした時に

パソコン
Warning: /opt/homebrew/bin is not in your PATH.

という警告文が出ました。

 

実際の警告文。インストール自体は成功している

 

この警告文の意味は

パソコン
インストールされたHomebrewがどこにあるか分かんないや(笑)

っていう感じで、パソコンがHomebrew(ファイル)を探すことができていないからなんですね。

 

実際に「brew」と入力して実行(return)しても

 

 

パソコン
zsh: command not found: brew(意訳:brewなんてものはなかった)

 

ってな感じで先に進めなくなります。

 

補足
※zshとはシェルの一種。シェルとはこちらの意思をコンピュータに伝える仲介役をするプログラムのこと。

 

この困った現象を

「パス(path)が通っていない」

と言います。

 

補足
※パス(path)とはファイル到達までの道のりのこと。

 

つまり

パソコン
Warning: /opt/homebrew/bin is not in your PATH.

の意味は

「パス(path)が通っていないよ〜」

ということなのですね。

 

じゃあ、パス(path)が通れば警告文消えるんじゃね?

って思ったそこのあなた、正解です!

 

でもパソコンは自力でHomebrew(ファイル)を探せない…

なので、人間側がファイルまでの道順をパソコンに教えてあげなくてはならなんですよね。

 

つまり「パス(path)を通す」作業をする必要があります。

 

「パス(path)を通す」作業といっても、複雑な手順など要りません。

 

下記のコードをコピーして

 

 

 

ターミナルの画面にペーストして実行(return)するだけ。(参考にしたサイトはこちら

『export PATH=/opt/homebrew/bin:$PATH』をペースト

 

補足

「なぜ、このような記述をするのか?」と疑問を抱いた方はこちらの記事が参考になるかと思います

PATHを通すために環境変数の設定を理解する (Mac OS X)

 

 

つぎに『brew』と入力して実行(return)。

何かが始まりましたね。

 

 

試しにもう一度Homebrewをインストールしてみます。

今度は

Warning: /opt/homebrew/bin is not in your PATH.

の表示が出ませんでした。

 

無事にパスが通ったみたいです。(*^^*)

 

 

というわけで今回の記事はここでおしまい。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 


クラウドソーシング「ランサーズ」

日本最大手のクラウドソーシングサービス『ランサーズ』
30秒のカンタン無料登録で、自宅に居ながら稼げちゃう!
『スキル不要、未経験OK!』な案件から高単価案件まで幅広くカバー。

 



カテゴリ数は200以上!登録料無料!!
スキルのオンラインマーケット『ココナラ』なら、あなたの「得意」が仕事に変わる。あなたの「やりたい」がきっと叶う!


初期費用・月額ずっと0円!】のやよいの白色申告オンライン
【初年度0円キャンペーン実施中!】のやよいの青色申告オンライン
駆け出しフリーランス・個人事業主におすすめの国内シェアNo.1の会計・確定申告ソフト。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事