ターミナル cdコマンド入力してもcd: not a directoryが出る原因はコレ【macOS】

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

 

Python学習の一環で、エディタ(VSCode)に記述した『hello world』をターミナルで出力させるという試みを行いましたが、うまくいかずに小一時間詰んでしまいました。

 

どういう症状で詰んでいたのかというと

cdコマンド入力後にPythonファイルをターミナルにドロップ

 

 

カレントディレクトリの位置の変更※を実行するコマンド「cd」を記述して『test.py』というPythonファイルを指定したら

 

ターミナル
cd: not a directory(意訳:それ、ディレクトリじゃないよw)

というメッセージが出てしまっていたのです。

注意
カレントディレクトリとは
ターミナルの現在位置のこと。
ファイルを実行するには、ターミナルを適切な位置まで移動させてあげなくてはなりません。(これを「カレントディレクトリの位置の変更」と言います)

 

それもそのはず、cdコマンドでディレクトリを指定する時は『フォルダ』を指定しなければいけません。

 

つまり「cd: not a directory」の原因は、cdコマンドでカレントディレクトリの位置の変更をする際に『フォルダ』ではなく『ファイル』を指定していたから。

 

早い話が、単なる勘違いによるミスですね。

 

正しくは

コマンド「cd」を記述してから『test.py』の入っているフォルダ『test』を指定(ドラッグ&ドロップ)。

 

 

そして実行(return)。

これでカレントディレクトリが『test』へ移動しました。(成功!)

 

 

一応の確認としてカレントディレクトリの位置を確認するのに使うコマンド「pwd」を入力してみます。

 

 

実行(return)すると

ちゃんと指定位置に移動できているのが確認できました。

 

 

つぎに『test.py』の中身である【print("hello world")】を実行し

ターミナル
hello world

と出力させるためのコマンド

「python test.py」を入力。

 

 

実行(return)すると

ターミナル
hello world

 

無事、「hello world」と出力されました。

 

めでたしめでたし(*^^*)

 


クラウドソーシング「ランサーズ」

日本最大手のクラウドソーシングサービス『ランサーズ』
30秒のカンタン無料登録で、自宅に居ながら稼げちゃう!
『スキル不要、未経験OK!』な案件から高単価案件まで幅広くカバー。

 



カテゴリ数は200以上!登録料無料!!
スキルのオンラインマーケット『ココナラ』なら、あなたの「得意」が仕事に変わる。あなたの「やりたい」がきっと叶う!


初期費用・月額ずっと0円!】のやよいの白色申告オンライン
【初年度0円キャンペーン実施中!】のやよいの青色申告オンライン
駆け出しフリーランス・個人事業主におすすめの国内シェアNo.1の会計・確定申告ソフト。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事