クラウドワークス『アカウント削除→再作成』の面倒くささは異常

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

以前、『クラウドワークスで★1評価が付く!?途中終了リクエストの自動評価システムとは』で書いた通り、私は日本のクラウドソーシングサービス最大手である『クラウドワークス』のシステムにより、自動的に★1評価(最低評価)をつけられてしまいました。

 

 

そして、その不当な評価をなかったことにするには、アカウントを削除して再登録するしかなく、私は泣く泣くこの方法をとりました。(もちろん実績ゼロからのリスタートとなる)

 

しかも、アカウントの削除はけっこう大変なんです。

 

では実際、どんな感じで大変なのか?

 

今回は、私が『アカウント削除→再作成』した時にボトルネックとなった部分と、その対処法などをお教えいたします。

 

注意

※この記事は2019年6月の状況を元にリライトしたものです。現在の状況とは相違がある可能性があることを念頭に置いて読み進めていただけたら幸いです。

 

Sponsored Link

アカウントを作り直すのが大変な理由3つ

条件により様々ですが、アカウントを作り直す、つまり退会するのは意外と大変です。

 

序盤で悪い評価付いちゃったら、すぐにアカウント作り直せば良いんじゃね?

 

っていう意見は身の回りで聞きます。

 

そして、そんなふうに気軽に捉えていた時期が私にもありました。(遠い目)

 

でも現実は、そう楽にはいきません。

なぜなら、退会するにはいくつかのボトルネックがあるからです。

それが

 

 退会する時のボトルネック

  • 終了していない契約が1つでもあると退会できない
  • 指定口座に出金する前に退会したら、報酬は没収
  • アカウントを作り直すまでは、実質的に提案できなくなる(代替案あり)

 

の3つです。

 

一体どういうことなのか?

これから詳しく見ていきましょう。

 

終了していない契約が1つでもあると退会できない

 これを聞いて

 

さっさと納品すれば契約終了で済む話じゃね?

 

って思ったそこのあなた!

 

甘い!!

バーモントカレーの甘口くらい甘い!!!

 

クラウドワークスのHPにある下の説明文を読んで下さい。

 

退会不可能

 

契約完了とはクライアントが報酬を支払って初めて契約完了となるのです。

そして付き合いのあるクライアント全員がレスポンスが早いとは限りません。

つまり、何日も連絡がつかなかった場合どうなると思います?

 

そう…

契約完了はその分伸びてしまいますよね。

 

その間もちろん退会はできず、やきもきとした気持ちを抱えなくてはならないというわけです。

 

指定口座に出金する前に退会したら、報酬は没収

もし、あなたが無事にクライアントからの支払いを受けたとします。

これで「直ちに退会手続きが出来る!」と思いますよね?

 

しかしちょっと待ってください。

 

確かに報酬は支払われました。

でも、報酬があなたの銀行口座へ直接に振り込まれるわけではありません。

報酬はクラウドワークスのアカウント内に留まったままです。

この状態で退会したらどうなるのでしょうか?

 

以下はクラウドワークスHPからの文章です。

報酬金

 

\(^o^)/

 

...報酬放棄...だと?

 

自身のアカウントから登録口座に出金されるのは月に2回の15日と30日

これは最長で2週間以上待たなくてはならないという「じらしプレイ」を意味します。

相当なマニアでない限り、この期間は苦痛の一言。

 

他に手立てはないのでしょうか?

実はあります。

 

クラウドワークスには出金日を早めることのできる『クイック出金』なるサービスが存在するのです。

まぁ、このクイック出金にも問題が無いわけではありませんが…

 

クイック出金には手数料がかかる

「特別に出金手続きをしてやるんだから手数料はもちろん頂く!」というわけですね。流石です!

以下クラウドワークスHPです。

クイック出金

 

\(^o^)/

 

3.5%の手数料ww

 

しかしあせらないで下さい。

まだあなたには選択の自由(?)がある。

 

そして選択肢は3つ。

 

 選択の自由?3つ

  • おとなしく手数料を払う。そして3営業日以内の入金が済んだら退会する
  • 報酬はいらないから速攻で退会する
  • 手数料を払わず入金まで半月程度待ちぼうけ

 

……(^_^;)

クラウドワークスさん…

 

苦しすぎます…

まぁ、選ぶとするのなら「おとなしく手数料を払って数日後に退会する」ですかね?

人生、ある程度の諦めは肝心ということですかね…

 

【代替案あり】アカウントを作り直すまでは、実質的に提案できなくなる

一応言っておきますが、退会したいのなら提案はするべきではありません。

先ほど説明した通り、提案が通って契約を締結してしまったら退会できなくなってしまうからです。

 

でも、仕事を請け負って稼がないと収入がなくなっちゃうのよ〜(T_T)

 

確かにそれは由々しき問題…

ですが、収入ゼロにならないための解決策はあります。

 

いきなり収入ゼロにならないための解決策

『クラウドワークス』一箇所に依存していると、今回のようなトラブルに見舞われた時に収入がゼロになってしまいます。

リスクを分散するためにも、他のクラウドソーシングサービスに登録しておきましょう。

 

おすすめは『クラウドワークス』と双璧をなす、『ランサーズ』です。(私も登録しています)

案件数の多い『ランサーズ』に登録しておけば、今回のようなトラブルが起きたときも収入に困ることはありませんよ(*^^*)

 

◇30秒で完了!無料会員登録はこちら

ランサーズ公式ページ

 

まとめ

退会する時のボトルネックは以下の3つ。

 

 退会する時のボトルネック

  • 終了していない契約が1つでもあると退会できない
  • 指定口座に出金する前に退会したら、報酬は没収
  • アカウントを作り直すまでは、実質的に提案できなくなる(代わりに『ランサーズ』にて提案すればOK)

 

そして、指定口座に早めの出金するためには手数料3.5%を支払う『クイック出金』の申請をする必要があります。

 

『クイック出金』が嫌なら、自身のアカウントから登録口座に出金される月の15日と30日まで待つか、報酬放棄して退会手続きをするしかありません。

 

どのみち、『クラウドワークス』上では仕事が一定期間できなくなってしまうので、『ランサーズ』に登録して、そちらで仕事を受注するのが良いと思います。

 

それでは良きWebライティングライフを〜(*^^*)

 


クラウドソーシング「ランサーズ」

日本最大手のクラウドソーシングサービス『ランサーズ』
30秒のカンタン無料登録で、自宅に居ながら稼げちゃう!
『スキル不要、未経験OK!』な案件から高単価案件まで幅広くカバー。

 



カテゴリ数は200以上!登録料無料!!
スキルのオンラインマーケット『ココナラ』なら、あなたの「得意」が仕事に変わる。あなたの「やりたい」がきっと叶う!


初期費用・月額ずっと0円!】のやよいの白色申告オンライン
【初年度0円キャンペーン実施中!】のやよいの青色申告オンライン
駆け出しフリーランス・個人事業主におすすめの国内シェアNo.1の会計・確定申告ソフト。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事