配達せずに報酬ゲット!!UberEats補填システムを実例つきで解説

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

 

私の配達員としての経歴

  • 配達員歴:1年半以上(2021年2月現在)
  • 配達件数:5300件以上
  • 配達エリア:東京(新宿区メイン)
  • 配達手段:自転車(4万円のクロスバイク
  • 一日あたりの稼働時間:平均すると大体5〜6時間くらい(週35〜42時間)
  • 月の稼ぎ:25万円前後
  • 配達員としての基本スタイル:フリーの日は昼のピークタイム2~3時間、夕方のピークタイム2~3時間、夜にゆるゆる1〜2時間稼働。他の業務や学業との兼ね合いにより増減あり。(稼働しない日もアリ)

 

UberEatsには、知らないと損をするシステムというのが存在します。

 

今回お話しする『補填システム』もそのうちの一つ。

 

「これからUberEatsを始めようかな?」

「UberEatsやってたけど補填のことは知らなかったなぁ…」

 

そんな方にとって有益な情報となっておりますので、ぜひ最後までお読みください。

 

Sponsored Link

UberEatsの『補填』とは

UberEats配達員(以下配達パートナーと表記)が店舗まで料理を取りに行ったのに

  • 品切れのため料理を作れない
  • 店舗に入れない&連絡が取れない

などの理由で、配達できない案件がごく稀に発生します。

 

このような配達員に落ち度がない場合、配達せずに¥500の補填(報酬)が受けられちゃうんです!

 

ただし、ちゃんとした手順を踏む必要がある点にはご注意ください。

 

『補填』が行われるためにすべきこと

補填が行われるためにはサポートセンターの担当オペレーターの方が『補填の対象である』と認めることが条件です。

 

なので

 

  1. サポートに連絡して現在の状況を伝える
  2. サポートの指示に従う

 

という手順を必ず踏む必要があります。

 

サポートセンターへの連絡方法

サポートセンターへの連絡はアプリ上で行います。

配達中画面。左下の赤いマークからサポートへ連絡できる

 

アプリ上でうまく行かない場合は、以下の電話番号へ電話してみてください。

 

(画像は2021年2月時点のもの)

 

『補填』が行われるまでの実際の流れ

実際に私が補填を受けるに至った経緯をこれから解説していきます。(簡略化のため、事実とは異なる箇所がございます。ご了承ください)

 

 

とある時間、とある場所にて

ピロリロリ〜ン…ピロリロリ〜ン♪♪(受注音)

おっ、注文が来た!受けよう。

 

そして5分ほどで店舗に到着。

が、しかし

 

あれ…?エレベーターが動かない…(;^ω^)

 

店舗まで行けないので、とりあえず店舗に電話することにしました。

 

プルルルルッ…プルルルルッ…プルルルルッ…(発信音)

繋がらない…だめだこりゃ(´・ω・`)

 

というわけでサポートに電話することにしました。

アプリの左下の赤いマークからサポートへ連絡

 

…約1分後

 

お電話ありがとうございます。担当の〇〇がお受けいたします。

料理をピックアップしに店舗へ伺ったのですが、エレベーターが動かず店舗へ行くことができません。また、電話しても繋がらない状態です。

左様でございますか。一度こちらから店舗様へ連絡を取ってみます。少々お待ちいただけますか?

了解しました。よろしくお願いします。

 

…2〜3分後

 

店舗様との連絡が取れませんでした。これからこちらでキャンセル処理と補填の手続きを行わせていただきます。少々お待ちいただけますか?

了解しました。

 

1〜2分経過後の配達画面↓

配達画面から、ホーム画面へ切り替わった!

 

キャンセル処理と補填の手続きを行わせていただきました。1〜2分後に補填分の金額が反映されるかと思います。他に疑問点などおありでしょうか?

いえ、特にございません。対応していただきありがとうございましたm(_ _)m

 

…数分後

 

アプリで配達毎の報酬欄を確認し計算すると

合計¥7,601。

 

次に本日のトータル報酬を確認してみると

¥8,101!!

 

おお!!ちゃんと¥500が加算されていますね(*^^*)

 

やってはいけないNG行為

先ほど伝えた以外の方法を取ってしまうと、『補填』が受けられない可能性があります。

 

これからお話しするのは昔の私がやってしまった過ちです。

 

ピックアップに向かった店舗の店員さんから

ごめんなさい。材料がなくて料理が出せません。申し訳ないんですけど、キャンセルしてもらっても良いですか?

といわれたので、サポートに連絡せずに自身でキャンセル処理をしてしまいました。

 

このときの『自身でキャンセル処理する』という行為、決して真似してはいけません。

 

なぜこの行為が良くないのか?

 

それは

  • 補填が受けられない
  • 自己都合キャンセルとみなされて、アカウントに傷がつく

というデメリットがあるからなんです。

 

ちなみに「アカウントに傷がつくとはどういうことなのか?」と言うと

UberEatsには一定以上のキャンセル率に達した配達パートナーに向けて警告がなされます。

 

あなたキャンセル多すぎです。このまま是正しないのならアカウント停止しますからね!

 

警告を無視してなおキャンセルを多発すると文言通り『アカウント停止』の処分が下されます。

 

つまり、キャンセルはなるべく行わない方が得策なんです。

 

「たとえどんな事情があるにせよ、自分でキャンセル処理を行うと自己都合キャンセルとみなされてキャンセル率が上がってしまう」というポイントはしっかり押さえておきましょう。

 

そういうわけで、こちらに落ち度がなくキャンセルする必要性が生じた場合は、一度サポートセンターに電話して指示を仰ぐことをおすすめいたします。

 

自身でキャンセル処理したほうが良い場合もある

先ほど「自身でキャンセル処理する行為はNG」と言いましたが例外もあります。

 

その例外とは、インセンティブ達成期限ギリギリの場合です。

 

補足
※ここで言うインセンティブとは、一定期間に一定回数の配達をこなした時に貰えるボーナス報酬のことを指す。

 

どういうことかと言うと

配達パートナーにとってありがたい補填システムですが、実は欠点が2つあるんです。

  • 配達回数にカウントされない
  • 補填処理完了まで時間が掛かる

 

場合によってはサポートセンターへ繋がるまでかなりの時間を要する場合もあります。対応に不慣れな担当者に当たってしまった場合は10分以上の時間のロスは覚悟しなければなりません。

 

なのでインセンティブ達成期限ギリギリの場合は、損を覚悟でキャンセル処理を自身で行い、次の配達を受けられるようにする選択のほうがふさわしいとも言えます。

 

ここらへんはケースバイケースなので、ご自身で判断なさってください。

 

 

今回はここまでとなります。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事