WH-R501(シマノ製ホイール) に32Cタイヤを付けても大丈夫なのか

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

私は、昨年の秋頃にクロスバイクを購入し、UberEats(ウーバーイーツ)配達員として、まったり貧乏生活を楽しんでいるおっさんです。

先日、私の乗っているクロスバイク【VACANZE 2】のフリーハブがおかしくなってしまいました。

チェーンが外れてないのに後輪が空回りするの図

ペダルを踏んでも動力がリアホイールに伝わらず空回りしちゃうんですよね。

試しにグリスアップしても、相変わらず空回り。(私の努力も空回り(^q^))

ここらへんのことは別記事にしていますので、詳しくはそちらをご覧ください(*^^*)

 

結局、これは修理不可能ということで、交換することとしました。

しかし、フリーハブ交換となると新たな器具やスキルが必要になります。

ここらへんのものが必要↓

created by Rinker
ホーザン(HOZAN)
¥342 (2020/09/23 10:01:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ミノウラ(MINOURA)
¥9,718 (2020/09/23 10:21:26時点 Amazon調べ-詳細)

スポーク張りとか振れ取りとか、今の私には敷居が高すぎます。(そのうちトライする予定ではある)

ならばいっそのこと、ホイールごと交換したほうが良いかな、と思い、サイクルショップにて相談後、シマノのエントリーモデルであるWH-R501のリアホールを購入することにしました。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥6,102 (2020/08/28 12:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、ここで一つの疑問が浮かびました。

それは

そもそも【VACANZE 2】に標準装備されている700C×32CタイヤはWH-R501に使えるのであろうか?

という疑問です。

 

Sponsored Link

Yahoo知恵袋では意見が割れていた

Yahoo知恵袋を覗いてみると、私と同じような疑問を持っている人が居ました。

シマノのR501というホイールに32cや35cのタイヤを履かせることはできますか?

シマノの説明書には28cまでとあったのですが、これを守らないとどうなるのでしょうか?

【出典】https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12177663687

2020/7/24アクセス

 

この質問に対するアンサーを見ると【問題ない派2:問題あり派4】という比率になっています。

そして問題ない派の人も「自己責任で」との文言を付け加えています。

 

タイヤの適正幅=リム内幅x 1.4 ~ 2.4という説について

ヤフー知恵袋のベストアンサー

ほほう、なるほど!

別件のアンサーを見てみると…

別の項目のベストアンサー

HEとWOという新たな概念が登場。

【WOとHEの違いはこちらを参考】
https://minivelolife.net/basic/190903-wo-he/
http://bikemaniak.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

調べてみるとどうやらタイヤにはHEとWO以外にもBEやETRTOなんて規格があるようです。

【自転車タイヤサイズと種類について】
https://b4c.jp/jitensha-tyres-size/
https://jitensha-tanken.geo.jp/tire_size.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E7%94%A8%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4#%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%A6%8F%E6%A0%BC

現在、※クリンチャータイヤにおいてはETRTOという統一基準に沿った表記がなされているとのことです。

※クリンチャータイヤとは
チューブとタイヤが別々になっているタイヤ。ママチャリ・ロードバイク・クロスバイク用などに広く流通

これは、自転車タイヤの規格がたくさんありすぎるがために起こる混乱を防止するための措置なんですね(*^^*)

ちなみに今回の主役である【700×32C】というのはフランス規格。ETRTO規格では【32−622】と表記します。

VACANZE2デフォルトタイヤ(KENDA製)。ETRTO規格32−622、フランス規格700×32Cサイズのもの

なんだかややこしい話になってきましたが、結局、32Cタイヤは行けそうな予感がしますね。

 

シマノが推奨するWH-R501のタイヤ幅は19〜28C

残念なことにシマノはWH-R501に32Cタイヤを付けることを推奨していないみたいですね。

【こちらを参考】
https://si.shimano.com/pdfs/si/SI-4SB0A-003-JPN.pdf

やはり、無理なのでしょうかね?

 

VACANZE 2(NESTO製)はWH-R501と同じリム幅のホイールに32Cタイヤを採用

左が「VACANZE2標準装備のリム」 右が「WH-R501」

私の乗っている【VACANZE 2】標準装備のリムとWH-R501の幅は目測では同じです。(内側の形状も同じに見える)

画像↑を見る限り、両者の違いがよく分かりませんw(汚れ具合は除く)

WH-R501の表記。622×15と書いてあるのでリム幅は15mm

巻き尺で測定。実測は16mmくらい?

  • 一般的に
    リム幅が15c(15mm)のものはナローリム。
    リム幅が17c(17mm)のものはワイドリム。
    と呼ばれています。

 

リム幅と形が同じならば32Cイケるんじゃね?って私は思いました。

しかしシマノは32Cの仕様を推奨していない…

ならば気になるのは【VACANZE 2】を販売しているNESTOってブランドの信頼性ですね。もし信頼できるブランドなら

NESTOが販売しているVACANZE 2ではデフォルトホイールに32Cタイヤを装着している
VACANZE 2のデフォルトホイールとWH-R501は目測で同じ幅(内側の形状も同じに見える)
WH-R501に32Cタイヤを付けても大丈夫!!

という図式が成り立つはず!(注:あくまで個人的な見解です。安易に真似はしないように

こうなるとNESTOというブランドの正体がいよいよ気になってきますね。

 

NESTOってどんなブランド?

【NESTOホームページ】
https://nestobikes.com/

残念ながら、公式のページを見てもコンセプトや製品情報ばかり。ブランドのバックグラウンド(歴史)は見当たりませんでした。ならば外部のサイトに当たるまでです( ゚∀゚)

NESTO は85年続く自転車ブランドを持つバイクメーカーが満を持して投入した新鋭のブランドで、『CREATE NEXT STANDARD』 をコンセプトに、毎日の生活をより豊かにするスポーツサイクルを展開しております。
(中略)また、トライアスロン世界選手権出場を目指す安田団長のサポート(BIKE開発を含む)を通じて、競技としてのスポーツサイクルの魅力を広く伝える活動も行っております。

【出典】http://www.ysroad.net/catalog/history.php?bcid=116

2020/7/24アクセス

スポーツサイクルショップ最大手のY`sロードさんのサイトでは、85年続く老舗メーカーが関わっているとのこと。

私の中で信頼性抜群にアップ↑↑↑です。

ここでいう”85年続く自転車ブランドを持つバイクメーカー”とは1932年創業の【丸金自転車株式会社】のことを指していると思われます。(Wikipediaを参考)

では丸金自転車株式会社が現在どのようになっているのかというと

1977年(昭和52年)7月31日付 - 自己破産、整理。ホダカ物産株式会社が商標を買収。
したがって、現在のマルキンブランドは丸金自転車が製造しているものではない。

【出典】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%80%E3%82%AB

2020/7/24アクセス

”ホダカ物産株式会社が商標を買収”とあります。
ホダカ物産株式会社とは一体どんな会社なのでしょうか?

ホダカ株式会社は埼玉県越谷市に本社を置く自転車および自転車関連用品の開発・輸入・販売を業とする日本の企業[1]
設立時の商号はホダカ物産株式会社。1998年に台湾の自転車メーカー、ジャイアント・マニュファクチャリングの関連企業になったものの、現在は関係を絶っている。
シティサイクルがメインのMarukin(マルキン)、スポーツバイクのKhodaaBloom(コーダーブルーム)NESTO(ネスト)等のブランドを有する

【出典】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%80%E3%82%AB

2020/7/24アクセス

ホダカ株式会社のホームページはこちら

 

調べた限りNESTOはまともなブランドだった

私がザッと調べた限りNESTOに関する悪い情報は見当たりませんでした。

むしろ「コスパ最高!」という賛辞の多い印象を受けました。

 

私の結論&懸念事項

私の考察やネット情報を元にして出した結論は

WH-R501(SHIMANOホイール) に32Cタイヤを付けても大丈夫じゃね?

となりました。

なぜ、このような結論になるのかというと

NESTOがリリースしているクロスバイク【VACANZE 2】には700C×32Cタイヤが使われている

VACANZE 2】のホイールはWH-R501と同じ幅である(目測)

もしWH-R501に700C×32Cタイヤを付けることが危険なのだとしたら、同じ幅のホイールを使用している【VACANZE 2】自体がリリースすべきではない製品ということになる

VACANZE 2】をリリースしているNESTOのバックボーンにあるのは、85年以上前に創業の老舗メーカー【丸金自転車株式会社】の技術やノウハウである

NESTOには信頼性があると言って良い

つまり、NESTOが問題ある製品をリリースするとは考えがたい

ゆえに、VACANZE 2】デフォルトのタイヤWH-R501にも700C×32Cタイヤを付けても問題ないはず

という図式が成り立つということです。(注:あくまで個人的な見解です。安易に真似ないように

とはいえシマノはWH-R501に32Cタイヤを付けることを推奨していません。(大事なことなので何度も言いますね。(`・ω・´)

【参考】
https://si.shimano.com/pdfs/si/SI-4SB0A-003-JPN.pdf

それに、リムの素材や剛性などが異なる可能性があるので、リム幅だけで判断するのはやや乱暴ですよね。(自分でここまで言っておいてアレですがw)

32Cタイヤを使うのなら、必ず自己責任であるとの認識のもと、作業を行ってくださいね。

 

32Cタイヤ装着のWH-R501を1ヶ月試してみた感想

リアホイール交換後の車体

特に事故の懸念はなさそうなので、32Cタイヤを履かせたWH-R501で1ヶ月ほどUberEats配達をやってみました。

結論、全く問題ないです。

パンクする気配がないどころか、むしろ、ペダルが軽くなって爽快そのものですね。

もともと楽しかったUberEats配達が俄然楽しくなりました。( ゚∀゚)o彡°

さいごに

WH-R501に700C×32Cタイヤを履かせることには賛否両論あります。(シマノ非推奨ですし)

それに、今回は長期間乗って検証したわけではありませんので、安全性に関してはやはり疑問は残ります。

もし、私と同じ試みを行うのなら、自己責任でお願いしますm(_ _)m

それでは良きサイクリング&UberEatsライフを〜(*^^*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事