MacからiPhoneに写真(画像)・動画を転送する方法(macOS Big Sur)

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

 

私はiCloudストレージを節約するために『写真アプリ』を同期してません。手動でMacからiPhoneに写真(動画)を転送しています。

 

そこで今回は、私が行なっている『MacからiPhoneに写真(画像)や動画を移行する方法』を解説していきます。

 

注意
今回使うMacのmacOSはBig Surとなります。
Sponsored Link

移行する方法を解説する前に

 

今回は一例としてMacのダウンロード項目内にあるテストフォルダ内の動画をiPhoneと同期していきます。

ダウンロード項目内にあるテストフォルダ

テストフォルダ内の動画

 

Mac内の動画(写真)をiPhoneと同期する方法

 

有線ケーブルを用意してください。『USB-C & Lightningタイプ』のものがおすすめです。

 

 

iPhoneとMacをケーブルで接続したら、Mac側の操作を行います。
Dock内のFinderを立ち上げてください。

Dockはマウスポインタを画面下部に接触させれば出現します。

 

 

開いたFinderの左側にiPhoneが出現していますね。

補足

【もし、FinderにiPhoneが出現していない場合は以下の方法をお試しください】

  • 別のケーブルを使う(充電専用はNG)
  • MacとiPhoneの再起動
  • Macのケーブル接続箇所を変えてみる
  • 空きストレージ容量が不足していないかの確認
  • iPhoneのロックが解除されているかの確認
  • iPhoneの画面に『このコンピュータを信頼しますか?』という表示が出ていたら『信頼』をタップ
  • MaciPhoneOSアップデート

     

     

    以下の通りに手順を進めていきます。

    1. iPhoneをクリック
    2. 写真をクリック
    3. デバイスと写真の共有元:の左側にチェックを入れる

    4. デバイスと写真の共有元:ダウンロードを選択

    5. 同期:選択したフォルダにチェックを入れる

    6. オプション:ビデオを含めるにチェックを入れる

    7. フォルダ内のテストにチェックを入れる

    8. 同期をクリック

     

     

    同期が開始されました。

    これでMac側の操作は完了です。

     

     

    iPhoneで『Mac写真アプリアイコン写真アプリ』を起動してみてください。

    動画がライブラリ内に表示されていれば同期が完了です。

     

    お疲れ様でしたm(_ _)m

     

    注意:Mac側で同期した写真(動画)はiPhone側では削除できない

    今回、無事に動画の同期を終えることができました。しかし、Mac側の操作で同期した動画(写真)を削除する時にちょっとした注意があります。

     

    それはiPhone側では動画(写真)の削除は行えないという点です。

     

    この仕様を知らないと、あとで不要になった動画(写真)を削除する時に混乱することになるでしょう。以下の記事で『同期した動画(写真)を削除する方法』を学んでおくと、あとで苦労することもなくなるかと思います。

     

    それでは今回は以上となります。

    最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

     

    クレカ登録不要&簡単手続きで最大2.5%のポイント還元!30日無料のプライム会員登録で還元率アップ。

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事