絶品ほろ苦コーヒー飯。アレンジレシピも紹介(コーヒーナポ飯)

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

今から1年以上前。私は、とあるコワーキングスペースにて行われていた泊まり込みの勉強会に1ヶ月ほど参加していました。

その間、食費を浮かすために自炊をしていたわけですが、このとき何気に作った『コーヒーご飯』がとても美味しかったんですよね。

一緒に勉強していた仲間や講師にも振る舞ったんですが

えっ…なにコレ、美味しい!意外すぎる!!

とか

また、おふざけが始まっただけだと思っていたけど、普通に旨くてビビったw

という嬉しい声を頂いたんですね。

さらにそこから一歩踏み込んで、前の晩の余りであるナポリタンをコーヒーご飯と混ぜた『コーヒーナポ飯』を創作。(ちなみにコーヒーご飯自体は私の創作ではない)

私おつまみのB級創作料理『コーヒーナポ飯』

 

これが本当の本当に美味しかったんです。

というわけで今回は、この時作った『コーヒーご飯』とアレンジレシピである『コーヒーナポ飯』の作り方を紹介いたします。

Sponsored Link

コーヒーご飯の作り方

水の代わりにコーヒーを入れて炊く。以上!!

・・・・・・

いや…本当にこれだけなんですよw

炊飯器でも良かったのですが、私は仲間が持ってた土鍋を借りて調理しました。

沸騰してコーヒーが吹きこぼれている状態

 

普通に土鍋で白米を炊く要領でイケます。(土鍋調理に関しては素人なので、各自ググっていただければと思いますm(_ _)m)

写真取り忘れたけど、おこげもしっかり出来てました(*^^*)

創作B級料理:コーヒーナポ飯の作り方

使った材料
  • コーヒーご飯
  • 残り物のナポリタン(コンビニのものでもOK)
  • 卵(1個)
  • バター(約10g)
  • 胡椒

1年以上前のことなのでナポリタン自体のレシピは忘れてしまいました。(ナポリタン自体に拘る必要はないと思うので、コンビニのナポリタンでもOKです)

残り物であるナポリタンを包丁で叩いて細かくします。

いわゆる『そばめし』っぽい感じですね。

 

熱したフライパンにバター(10gくらい)を入れます。

コーヒーご飯とバターを混ぜます。

バターコーヒーのノリですね。今となっては定番の組み合わせです

 

次にナポリタンを入れて

卵一個と胡椒を入れて炒めます。(チャーハンの要領)

※写真撮り忘れのため画像がありません。

器に盛れば『コーヒーナポ飯』の完成です。

コーヒーの苦味とバターのやさしいコク、そしてナポリタンの旨味と塩味が織りなすアンサンブル。たまりません(*^^*)

あまり関係のないおまけ話

そういえば、このとき使った包丁がとにかく切れなかったんですよ。

シャキシャキのキャベツですら綺麗に刻めないレベルでした

なので手持ちのポケットシャープナーで10分ほど研ぎました。

右側の包丁がとにかく切れなかった

 

すると新聞紙くらいなら「スパッ」と切れちゃうくらいシャープになったんですよね。

おかげで調理が捗る、助かるわ〜

こんな感じで、他のコワーキング利用者にめちゃくちゃ感謝されました(*^^*)

こんな感じでコワーキングスペースに来ている人たちに好印象を与えれば、お仕事の依頼や協力関係を得られやすくなるかもしれませんね。(ちょっといやらしいかなw)

そんな下心抜きにしても、施設の道具をメンテナンスするというのは皆のQOLや生産性を向上させるので良いことだと思います。

宿泊先をコロコロ変えるノマドワーカーの人は、この機会にコンパクトなポケットシャープナーを持ち歩いてみるのはいかがでしょうか?

【水&オイル無しでしっかり研げる実力派ポケットシャープナー】
ダイヤ面の板とセラミック面の板を張り合わせた携帯用薄型シャープナー。キャンプ場でのタッチアップに役に立つのはもちろん、水&オイル無しで研げるので、最初に買うお手軽砥石としてもおすすめです。カミソリ刃や鏡面仕上げなどにこだわらないのならこれで十分な切れ味を出せます。

最後になんとなく提案させていただきましたm(_ _)m

それでは良きキッチン&ノマドライフを〜(*^^*)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事