クロスバイクのカセットフリーハブ内部を見てみよう(前編)

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

前回、異変の起こってしまった自転車のリアハブ(カセットフリー)確認のため、スプロケット外しを行いました。

今回は、リアハブ内部の様子を見ていきたいと思います。

Sponsored Link

JOYTECHリアハブ(カセットフリー)を分解してみる

ハブには「JOYTECH」の文字

ハブには「JOYTECH」の文字。

調べてみたら台湾のメーカーみたいです。

http://www.joy-tech.com.tw/joytech/

ネット上には、日本語でのJOYTECHの情報が少なく、かなり謎なメーカーです。(ハブメーカーとしては大手らしいのですが)

ちなみに大手通販サイト(アマゾン・ヤフーショッピング・楽天)ではJOYTECH製ハブは見かけませんでした。

JOYTECH製ハブの仕様書が見つからない問題

ネット上をザッと見た限り、ハブの仕様書は見つかりませんでした…

仕方がないので、SHIMANO製ハブのメンテナンス動画&サイトを参考にしてバラしてみます。

 

SHIMANO製のハブ解体動画&ブログを参考に解体してみることに

前回のスプロケット外しのおかげで、ハブ本体を触れるようになりました。

フリー側(スプロケット側)

めちゃくちゃ汚いですね(^_^;)

分解する前から、嫌な予感がプンプンですw

反フリー側(スプロケットが無い側)

反フリー側は意外と綺麗。

ピンセット代わりに毛抜きをこじ入れている様子

防水カバーは尖ったものを使えば簡単に外せます。

防水カバーを取り外した後の反フリー側

サビている様子もなく、一安心。(*^^*)

フリーハブの解体には薄型レンチが必須

シャフトのボルトを緩めるには薄型のレンチが必要です。

このリアハブ根本のボルトに適合するのは15mm

今回のリアハブには15mmがぴったりでしたが、ハブによってボルトサイズが異るみたいなので、複数サイズのレンチがセットになっているものを購入すると安心です。
【私の使ったレンチセット】
created by Rinker
E-tool(イーツール)
¥762 (2020/09/24 08:07:00時点 Amazon調べ-詳細)

外側のボルトは17mmを使用

外側ボルトはモンキースパナ(一般の厚型スパナ)でも作業できます。

ナットを緩めた図

更にナットを緩めると、ベアリングが見えてきました。

ベアリングの確認。まさにサビの楽園

シャフトはフリー側から外します。

フリー側。サビがエグい…

絶望的なサビ具合…(´・ω・`)

抜き取ったシャフト

サビたベアリング

グ…グロい…(^_^;)

これが雨ざらしの代償なのか…

摘出したベアリング(フリー側)

アーレンキーでカバーを外す図

赤いカバーは、はめ込んであるだけですね。

棒状のものでこじれば簡単に外せます。

ベアリング摘出後

言葉を失いますなぁ…(^_^;)

ベアリング摘出中の図(反フリー側)

こちら側は割と平和。(*^^*)

左が反フリー側、右がフリー側

チョコ菓子、もしくはおはぎみたいですね(^q^)

次回は、カセットフリーハブ内部とベアリングのサビ取りに挑戦してみます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事