【Mac】ユーザー辞書が反映されない時の対処法。入力ソースでGoogle系を消去して解決

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

 

私はUberEats配達員をやっている関係上、ブログやSNSで「UberEats」という単語をよく使います。

なので、「うーばー」と入力するだけで「UberEats」と素早く変換できるようユーザー辞書に登録しています。

 

しかし、ある日突然、「うーばー」と入力しても予測変換の欄に「UberEats」と表示されなくなってしまいました。

「UberEats」と変換されない

っていうか「UBERエアts」ってなんぞ?

 

この症状を改善するためにググってみると、どうやら
アップルマーク → システム環境設定 → キーボード → 入力ソース → 日本語ーローマ字入力 → 『変換学習:リセット』をクリック】
の手順を辿ると不具合が治るみたいです。

 

さっそく試してみました。

が、全く改善せず…

「UberEats」と変換されない

相変わらず「UBERエアts」が出しゃばってきますなぁ…(;^ω^)

 

他の方法もあるみたいなので、挫けずトライしてみました。

【ライブ変換のチェックを外して再起動 → ライブ変換を再チェック】

ライブ変換の設定をいじっても効果なし

 

その結果↓

二度ある「UBERエアts」は三度あるwww

 

Sponsored Link

【完全解決】ユーザー辞書が無事反映されるようになった

入力ソース内にあるGoogle系のものを全て削除したら、ユーザー辞書が反映されるようになりました。

赤枠内を「ー」で削除

削除後

 

こんな感じ↓

おかえり!我が友「UberEats」よ!!

 

というわけで今回はここまでとなります。

それではまた!!( ˆoˆ )/

 



案件多数!審査なし!!サイト開設してすぐの人におすすめのASPです。

 


サイトがなくても登録可能!AMAZONアソシエイトや楽天アフィリエイトなどのメジャー案件も多数なメジャーASPといえば『もしもアフィリエイト』。

 



安心安全な老舗レンタルサーバー『エックスサーバー』。無料お試し期間あり。WordPressの設定も楽々。

 



独自ドメインの取得が1円から可能!!国内シェアNo.1。

 

クレカ登録不要&簡単手続きで最大2.5%のポイント還元!30日無料のプライム会員登録で還元率アップ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事