【真似厳禁】水没して濡れたAirPodsProはちゃんと動くのか?検証
注意
一部、汚ならしい表現があります。お食事中の方は閲覧を控えたほうが良いかもしれません。

 

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

 

ある日、私はAirPodsPro(イヤホン)を装着したまま自宅のトイレで用を足していました。

 

すると突然、耳に装着していたAirPodsProが不意に「ポロッ」と外れ

ぽちゃんっ…!

と使用済みトイレ(汚)に見事にダイブ。

 

はうあっ…!!やってしまった…(´;ω;`)

 

すぐに救出したものの、AirPodsProはもちろん尿まみれ。

 

尿をしっかり洗い流すためにハンドソープで外装を除菌し、流水でしっかり洗い流しました。(数十秒くらい)

 

もちろんAirPodsProは深層まで水びたし状態。(ハンドソープも少し入ったかも)

 

ちなみにAirPodsProの価格は30,580円(税込)です。(Appleストア価格)

♢Amazonでも買えます♢

控えめに言ってめちゃ高い高級イヤホン、それがAirPodsProなのです。

 

そしてあろうことか私はこの高級イヤホンに降りかかった災難を前にしてこんなことを思ってしまったのです。

せっかくのトラブルなんだし、なんとかブログのネタにならないかな?

 

そして私は高級イヤホンを使って、以下のようなことを検証しました。

  • 内部が濡れたまま充電できるのか
  • 内部が濡れたまま音楽を聞くとどうなるのか
  • エアダスターで即時乾燥させた後に正常に使用できるか
  • 3ヶ月後でも正常に使用できるのか

 

まぁ、こういうことをすると

濡れたまま使用したらダメじゃないか!

と怒られてしまいそうですね。

 

しかし、皆がやらないことをやらなくてはならないのがブロガーという生き物。

 

たとえ貧乏でも、高級イヤホンが再起不能となろうとも、検証せずにはいられない。なぜなら目の前にずぶ濡れのAirPodsPro(3万円)があるのだから。

 

ちなみに、2020年の私の所得は50万円以下ですw

 

というわけで、貧乏な私の人生を掛けた今回の検証、漢(おとこ)の実験結果をぜひともご覧くださいませm(_ _)m

 

注意
本記事で検証したことは絶対に真似しないでください。故障の原因となりますし、保証が受けられなくなる可能性があります。
Sponsored Link

AirPodsProの耐水(防水)性能はどれくらい?

検証の前にAirPodsProの耐水性能を確認しておきましょう。

 

AirPodsProの耐水性能は『IPX4』。これは「水の飛沫ならば影響を受けない程度」の耐水性能を表しています。

 

つまり、今回のような「水没した」ケースというのはAirPodsProの耐水機能では到底太刀打ちできない事態ということになります。

 

補足

※『IP○○』とは精密機械の耐水性能と防塵性能を表したもの。『IPX○』表記の場合は耐水性能のみを表し、『IP○X』表記の場合は防塵性能のみを表している。これらは国際電気標準会議で定められた規格。

画像出典:https://time-space.kddi.com/ict-keywords/20190822/2721

 

内部が濡れたまま充電できるのか検証

洗浄後、内部が濡れたままのAirPodsPro

 

AirPodsProの充電は専用のケースに収納することで行われます。(ケース内部の金属端子とAirPodsPro本体の金属端子が接触することで通電する構造)

ケース内部の金属端子

AirPodsPro本体の金属端子

 

 

AirPodsProを専用ケースに収納すると…

充電ランプが付きました!

 

 

iPhoneで確認しても、充電されているのが確認できます。

 

検証結果
  • 充電は一応される模様(もちろん非推奨)

 

注意
何度でも言いますが、絶対に真似しないでください。故障の原因となりますし、保証が受けられなくなる可能性があります。

 

内部が濡れたまま音楽を聞くとどうなるのか検証

 

 

iPhoneのBluetoothをONにすると…

ちゃんとiPhoneとペアリングできました。

 

 

そして音楽を流します。

Youtubeミュージックアプリより

 

なんとなくアンダーワールドをチョイス。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

 

 

すると

ピキュイィィ〜〜〜ンッッ!!

という非常に甲高い耳障りな音がするだけで、メロディーなど一切なし、といった状態に!

 

例えるなら、超音波式のネズミ撃退器が発する音を10倍くらい不快にしたような高音です。(伝わりますかね…)

 

検証結果
  • 音楽を聞くことは不可能。AirPodsProは耳障りな高音を発するのみ

 

注意
何度でも言いますが、絶対に真似しないでください。故障の原因となりますし、保証が受けられなくなる可能性があります。

 

さて、残りの検証は

  • エアダスターで即時乾燥させた後に正常に使用できるか
  • 3ヶ月後でも正常に使用できるのか

の2つですね。

 

これらの検証は別記事にしました。宜しければ続きもご覧くださいませ。m(_ _)m

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事