【レビュー】折りたたみ自転車tern(ターン) LINK A7(7段変速)

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

ちょっと前に私の愛車【VACANZE 2(クロスバイク)】のフリーハブが壊れてしまい、しばらくの間ウーバーイーツ配達が出来なくなるというトラブルが発生しました。(いろいろ調べながら、自分で直しました)

この事態を踏まえ、いざという時のためにサブ機(自転車)をもう一台購入することを決意。

そして買った自転車は、折り畳み自転車メーカーとして有名なternがリリースしているエントリーモデルの『LINK A7』

今回は、『LINK A7』の使用感(レビュー)や、どんな人におすすめできるのか、などを書いていきます。

Sponsored Link

tern(ターン)LINK A7の仕様

価格 46,000円(税別

速度 7

重量 12.1kg

ホイールサイズ 20インチ(406)

色 ダークガンメタル/グレー、ダークレッド/レッド、シルバー/グレー、ブルー/ブルー、ブラック/グレー

フレーム

アルミニウム、FBLジョイント

推奨されるライダーの身長

142190cm

ハンドルバーへのシートポスト

最小:600mm最大:650mm

ペダルにサドル

最小:700mm最大:960mm

折りたたみサイズ

W80×H73×D39.5cm

フォーク

高張力鋼

ハンドルポスト

鍛造アルミニウム、110mmから95.5mm(地面から中央のハンドルポストまで)/

該当なし

シートポスト

スーパーオーバーサイズ、6061-AL、マイクロアジャストクランプ

ホイール

F:ミニ、アルミ、ダブルウォール、74mm28H /ブラック

R:フォーミュラ、ダブルウォール、130mm28H /ブラック

タイヤ

Kenda Kwest40620×1.5 E / V

シフター

ShimanoSL-RS35Revoshift7spd

ディレイラー

FN / A

RShimanoRD-TY21B、トーナメント、7spd

クランクセット

冷間鍛造6061アルミニウム、52T

カセット/フリーホイール

ShimanoMF-TZ2114-28T7spd

キックスタンド

デラックスセンターマウント、250mm /ブラック

フェンダー

RPクロームプラスチック、ステンレスハードウェア/ブラック

ペダル

折りたたみ式ではないナイロンボデ

出典:https://www.ternbicycles.jp/2018/products/Link_A7/

なぜ私がtern(ターン) LINK A7を選んだのか

画像のリング錠スマホホルダーは別売りです

 

  • 折りたたみ自転車といえばternもしくはDAHONが信頼できるブランドである、というイメージ
  • 低予算で玄関先に保管できる自転車が欲しかった(クロスバイクが壊れた時のサブとして)
  • 雨天時の走行も考慮して泥除け付きのものが欲しかった
  • シンプルデザイン
  • 小柄な知人とのシェアを考えていた

tern(ターン) LINK A7をおすすめできる人

  • 短距離(2km以内)での使用を想定している
  • 坂の少ない地域での使用を想定している
  • 漕ぎ出しの軽やかさが欲しい
  • 泥除け標準装備の物が欲しい
  • 低予算での購入を検討している
  • 体格が著しく異なる他人とのシェアを考えている
  • 狭い自宅での保管を考えている
  • シンプルデザインが好み

なぜ、この様に感じたのか?その理由はこの先を読めば自然とご理解いただけます。ぜひ、続きをご覧くださいませm(_ _)m

実際使ってみてよかったと思う点

デザインが良い

画像より、実物のほうがカッコいいと思いました。

折りたたみが簡単

スマホホルダー&リング錠&ライト&ケージを装着したまま、折り畳み可能なのは助かりました。

アクセサリをいちいち外す手間がないのは、大きなメリットと言えます。

玄関先にも置ける

私は駐輪場なしワンルームの、いわゆる「うさぎ小屋」に住んでいるので、折り畳んで玄関先に保管できるのはありがたいです。

体格の小さい知り合いとシェアできる

乗り手の体格に合わせてサドルやハンドルの高さを変えられるのは良いですね。

漕ぎ出しが軽やか

信号が赤→青になって漕ぎ出した瞬間の軽さは、700Cホイール装着のクロスバイクより格段に上だと実感しております。

実際使ってみてよくなかったと思う点

折りたたみ自転車は私の体格に対して小さい(身長185cm男性)

推奨ライダーの身長は142から190cmとのことですが、身長185cmの私は若干の窮屈さを感じます。普段乗っているクロスバイクに比べてライドは快適とは言えません。折りたたみ自転車ゆえにコンパクトであり、立ち漕ぎが不安定になりがちです。(ハンドルバーの長さ&サドルとハンドル間の距離が狭い)

自身でハンドルやサドルの高さを変えられるものの、他の要素(フレームの長さやハンドルバーの長さ、ギアグランクの長さ&位置など)が自身の体格に合っていないのでしょう。そもそも折りたたみ自転車にクロスバイク並みの乗り心地の良さを求めるのは間違いだとは思いますがw
170cm台の男性なら問題ない大きさだとは思います。

輪行先のチョイ乗り用としては若干重い

14インチ車に比べたら持ち運びは確かに大変です。

しかし、折りたたみ自転車用の輪行袋に入れたら運搬がかなり楽になりました。

輪行袋に入れてデスクの下に収納している様子。これは便利

LINK A7がすっぽり入る輪行袋(画像のもの)はこちら

しかし、LINK A7は2つ折りタイプです。3つ折りタイプに比べ嵩張るし、ペダルが折り畳めないので、輪行袋に入れて持ち運ぶときに、意外とペダルが体の側面に干渉します。あと、重量は12.1 kg。格安の折りたたみ自転車や電動アシスト付きのものと比べたらだいぶ軽いですが、輪行時の運搬に適しているかといえば、そうとも言えないといった塩梅。

私の使っているクロスバイクの重量が10.3㎏。たった2kgと思われるかもしれませんが、持ち上げたときの重量感には大きな違いがあります。

とはいえ、安価で10kg未満の車体は変速機能なしのものが多く不便だし、軽量&多機能な車体はとても高価になりがち。リーズナブルで7段変速可能なLINK A7を輪行用として購入するのは悪くはない選択だとは思います。

もし、チョイ乗りくらいの輪行を考えているという人なら、『TRANS MOBILLY(14インチ)』の購入も視野に入れると良いかもしれません。

【超軽量e-bike TRANS MOBILLY(14インチ)】試乗レビュー付き記事はこちら

登り坂は普通に辛い

20インチの小径車なので、若干の上り坂でも進まなくなります(700Cタイヤ装着のクロスバイクと比べて)。ペダルの重さ自体は感じませんが、かなりの回数ペダリングしないといけないので疲れてしまいます。坂道の多い地域での購入は、少し考えたほうが良さそうですね(^_^;)

tern(ターン) LINK A7保管方法(私の場合)

輪行袋に入れてデスクの下に収納している様子。これは便利

 

以前は玄関先にむき出しにして置いておきましたが、最近は輪行袋に入れてデスクの下に収納しています。

全く邪魔にならずに、室内に自転車を置けるので非常に助かっています(*^^*)

【LINK A7がすっぽり入る輪行袋】

担いだときの使用感はなかなか良好です♪

 

玄関においてある状態

 

【折りたたみ状態(私が保管している時の寸法)】

  • 縦幅(W) 約82cm
  • 高さ(H) 約67cm(サドルを下げた状態)
  • 横幅(D) 最大約40cm(ペダル両端の距離)

上から見るとこんな感じ

 

ちなみに、メーカー公式サイト公表の折りたたみサイズはW80×H73×D39.5cm

tern(ターン) LINK A7の折りたたみ方法

ハンドルバー中央のレバーを起こします。

するとハンドルが回転するようになります。(ここは後々重要になる)

 

次にハンドルポストのロックを外し、折り畳みます。

 

2つ目の折りたたみ箇所はフレーム中央。

 

ハンドルの向きを調整して、フレームに干渉しない位置を探します。うまく行かないときはハンドルの高さ調整をするのもいいでしょう。

 

ホイール中央部内側にあるマグネットが合わされば折りたたみ完了!

付属品をつけたままでも折り畳み&運搬が可能

この状態で折りたたむことも可能

 

【取り付けたまま折り畳み可能なアクセサリ(フレーム上)】

♢画像のケージ♢

Blackburn アウトポスト カーゴケージ
created by Rinker

♢圧縮可能なおすすめドライバッグ♢

※人によっては運転中に内脛・内膝にドライバッグが干渉してしまう可能性があります。

♢バッグ&フロントフォーク用マウント付きのお得なケージ♢

♢取り付けたまま折り畳み可能なアクセサリ(後輪)♢

UberEats(フードデリバリー)に使えるのか?

第4世代UberEatsカバン正面

結論、ガッツリ稼働派(1日10件以上)の人にはおすすめできません。

昼夜のピークタイムに少し稼働して1日1〜5件くらいの配達回数を考えている人であれば LINK A7は候補に入れても問題ないとは思います。(しかし港区などの坂の多い地域での使用は避けたほうが良いかも)

実際乗ってみてtern(ターン) LINK A7は長距離&長時間のライドを想定して作られていないと実感しました。

私のUberEats稼働時間は1日あたり大体4〜8時間なのですが、「毎日LINK A7を使って配達したいか?」と問われれば、答えは「NO!」となってしまいますね(^_^;)

もし、LINK A7と同じtern製にこだわるのなら、「乗り心地最高!」と評判の良い『Tern Verge N8』を購入すると良いかもしれません。(※私は乗ったことはありませんが)

低予算ならUberEats(フードデリバリー)におすすめなクロスバイクがある

クロスバイク-バカンゼ

低価格帯の自転車で快適にUberEats(フードデリバリー)をやりたかったらVacanze2(約4万円のクロスバイク)がおすすめです。

1年以上UberEats用として使っていますが、とても快適な乗り心地ですよ。(*^^*)

でも、クロスバイクだと保管場所がないんだよね〜
狭い部屋での保管も工夫次第でどうにかなると思います。一例として、私の保管方法を御覧ください。

浴室内に縦置きしている様子

 

注意

この置き方を真似したことによる物損・ケガなどについては自己責任となります。

私がUberEatsのために100均DIYしたカゴが、スタビライザーの役割も兼ねております。(縦置きが可能となったという保管の一例)

今はこちらの縦置きラックを使って保管してます。とても便利ですよ(*^^*)

まとめ

【私が実際使ってみてよくないと思った点】

  • 自身の体格に対して小さい(身長185cm男性)
  • 14インチ車に比べ輪行は大変
  • 大経車に比べ登り坂がキツい

【tern(ターン) LINK A7をおすすめできる人】

  • 短距離(2km以内)での使用を想定している
  • 坂の少ない地域での使用を想定している
  • 漕ぎ出しの軽やかさが欲しい
  • 泥除け標準装備の物が欲しい
  • 低予算での購入を検討している
  • 体格が著しく異なる他人とのシェアを考えている
  • 狭い自宅での保管を考えている
  • シンプルデザインが好み

【私が実際使ってみてよかったと思う点】

  • デザインが良い
  • 折りたたみが簡単
  • スマホホルダー&リング錠&ライト&ケージを装着したまま、折り畳み可能
  • 玄関先にも置ける
  • 体格の小さい知り合いとシェアできる
  • 漕ぎ出しが軽やか

【UberEats(フードデリバリー)用にtern(ターン) LINK A7の購入を検討している方は以下の点を考慮すべし】

  • ガッツリ稼働派(1日10件以上)の人にはおすすめできない。
  • 1日15件くらいの配達回数を考えている人であれば LINK A7は候補に入れても問題なさそう。
  • 低予算で快適にUberEats(フードデリバリー)をやりたかったらVacanze2(約4万円のクロスバイク)がおすすめ

それでは良き自転車ライフをお過ごしくださいませ〜(*^^*)


リーズナブルな高機能ウェアが若者に大人気のワークマン。アウトドアユースはもちろん、スマートなシンプルデザインは都心でも大活躍!

【ワイズロードオンライン】
スポーツサイクル専門店最大手のY'sRoad。オンラインショップ限定でのオトクな割引あり!!ポイントもゲット!!折りたたみやミニベロなどの小径タイプ、キッズバイクも取り扱ってます。

自転車通販サイト【cyma】
あの人気自転車が最大30%OFF!!年間売上No.1!!ママチャリ、電動アシスト車、本格的なスポーツ車など日本最大級の品揃え。保証内容も充実。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事