日常に役立つ!巻き結び(クローブヒッチ)の結び方【画像解説】

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

今回は巻き結び(クローブヒッチ)のやり方と、どのようなシチュエーションで使うのかを紹介したいと思います。

巻き結び(クローブヒッチ)は、手早くロープを柱に括り付けたり、物をまとめたり、袋の口を縛ったり、物をぶら下げたりと非常に汎用性の高い結びです。

キャンプだけでなく、日常のちょっとした不便を解消してくれるので、何度も復習してぜひマスターして下さいね(*^^*)

Sponsored Link

巻き結び(クローブヒッチ)を使うのはこんな場面

  • テントやタープを張るとき(ポールにロープを結ぶ&石を利用してガイラインを張る)
  • 焚き火調理のときの火力調整(ロープを使ったポットフックを結ぶ)
  • 物をぶら下げる
  • 物をまとめる
  • 袋の口を縛る
  • パイロンとトラロープでバリケードを作る

ガイラインは100均梱包用PPひも

ガイラインは100均梱包用PPひも

 

巻き結びで口をしばってある袋

上部の結び=自在結び、ポット持ち手部分の結び=巻き結び

 

巻き結び(クローブヒッチ)の手順その1(被せるパターン)

ロープを下から上に重ねるようにして輪っかを作ります。

 

右側に同じ輪っかを作ります。

 

最初の輪っかを上に、2番目の輪っかを下にして重ねます。

 

対象物(ここでは缶ビール)に被せます。

 

ロープの両端を引っ張れば、巻き結び(クローブヒッチ)の完成です。

 

片方を全力で引っ張っても緩みません。

巻き結び(クローブヒッチ)の手順その2(巻きつけパターン)

手すりや樹木などの長い棒状のものには【巻き結び(クローブヒッチ)の手順その1(被せるパターン)】は使えません。

その場合はこれから紹介する【巻きつけパターン】で巻き結び(クローブヒッチ)を行います。

 

棒にロープを掛けます。

 

ロープを下から上に重ねるようにして輪っかを作ります。

 

最初の輪っかの下側を通過させるようにもう一巻きしていきます。

 

できた新しい輪っかにロープ末端を通していきます。

 

ロープの両端を引っ張れば

 

巻き結び(クローブヒッチ)の完成です。

巻き結び(クローブヒッチ)の緩め方

緩めるときは2番目の輪っかの手前にあるロープを引っ張ればOK。

お疲れさまでしたm(_ _)m

記事画像内のアイテム

【テーブル】

【パラコード(今回使ったのはライトグリーン&ブルー)】

【ソロにも複数キャンプにも使いやすい大きさのタープ】

【分割式ポール】

【自宅でも愛用しているキャンプマット】

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥5,962 (2020/10/28 03:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

老舗ならではの豊富なラインナップ!特集一覧やカテゴリ検索で欲しい商品がすぐ見つかる!アウトドアのコツやギア選びのヒントも盛りだくさん。



お得なセール情報が一目瞭然!自身に合ったお目当てのアイテムを探しやすい釣り&キャンプ初心者に優しいECサイト。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事