超簡単に繋ぐ。引き解け結び(スリップノット)の方法と使い方紹介

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

今回は引き解け結び(スリップノット)のやり方と、どのようなシチュエーションで使うのかを紹介したいと思います。

Sponsored Link

引き解け結び(スリップノット)を使うのはこんな場面

  • テントのハトメにガイライン(ロープ)を繋ぐ
  • 棒状のものにロープを手早く結ぶ
  • 薪など円柱型のものを簡単にまとめる(角柱型のものには向かない)
  • 山で焚き火の材料となる枝をまとめて運搬

ガイラインは100均PPヒモ

引き解け結び(スリップノット)の手順

ロープを棒に掛けます。

 

ロープ末端を上、本体側を下にするように輪を作ります。

 

ロープ末端が最初の輪の下を通過するようにして

 

2番目にできた輪に親指と人差指を差し込みます。

 

ロープ末端を2本指で掴み

 

左手で最初の輪あたりを掴み、右手を引き抜いていきます。この時、ロープ末端は輪を通過させずに残します。

 

これで『引き解け結び(スリップノット)』自体は完成しました。

 

あとはロープ本体側を手前に引けば

 

棒にロープを繋ぐことができます。

 

引き解け結び(スリップノット)の解き方

ロープ末端を引っ張れば解けます。

お疲れさまでした。m(_ _)m

画像内の道具

【テーブル】

【パラコード(今回使ったのはライトグリーン&ブルー)】


老舗ならではの豊富なラインナップ!特集一覧やカテゴリ検索で欲しい商品がすぐ見つかる!アウトドアのコツやギア選びのヒントも盛りだくさん。



お得なセール情報が一目瞭然!自身に合ったお目当てのアイテムを探しやすい釣り&キャンプ初心者に優しいECサイト。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事