超便利!自在結び(トートラインヒッチ)の結び方【画像付き解説】

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

今回は自在結び(トートラインヒッチ)のやり方と、どのようなシチュエーションで使うのかを紹介したいと思います。

自在結び(トートラインヒッチ)は数あるロープワークの中でも使用頻度の高い結びです。習得しておけば、キャンプ以外にもさまざまなシチュエーションで役に立ちますよ。(*^^*)

Sponsored Link

自在結び(トートラインヒッチ)を使うのはこんな場面

  • テントやタープを張るとき(ガイラインにテンションを掛ける)
  • 焚き火調理のときの火力調整(ぶら下げたものの高さを調整する)
  • キャンプ泊の際、ぶら下げたランタンの高さ調整
  • タープ設営時、長過ぎて余ったロープの末端処理
  • 自宅で荷物の収納場所を作る

ガイラインは100均梱包用ppヒモ

このように高さ調整が可能

ロープワークでロフトベッド下にバッグ収納場所を確保

 

タープを張る際に便利な小物として自在金具がありますね。

早い話、自在結び(トートラインヒッチ)は自在金具のような働きをしてくれる結びです。この結びさえ覚えれば、自在金具を破損、もしくは忘れてしまっても問題なくなりますよ(*^^*)

それではレッツトライ♪

自在結び(トートラインヒッチ)の手順

対象物(ここでは魔法瓶)にロープを掛けます。そして末端が上を通るようにロープをクロスさせます。

 

末端側のロープを下にくぐらせ、そこから1周半巻きます。

 

手前に持ってきた末端を下に潜らせ、小さな輪っかを作ります。

 

できた輪っかに人差し指と親指の先端を差し入れます。

 

差し入れた2本の指で末端を掴んだまま、指のみを引き抜きます。末端は輪っかを通過させずに残して下さい。

 

ロープを抑えながら輪を絞れば

 

自在結び(トートラインヒッチ)が完成しました。

この状態で全力でロープを手前側に引っ張っても解けません。

ここから、テンション(ロープの張り)を強くしたり弱くしたりと調整していきます。

ロープにテンションを掛ける(ピンと張る)方法

結び目を掴んで手前に引き、輪っかの末端に近くない側のロープを送り出すようにすると、ロープにテンションが掛かります。

この方法でタープを張るとこんな感じになります。↓

ガイラインは100均の梱包用ppヒモ

ppヒモでの自在結び

 

ロープのテンションを弱める(緩ませる)方法

基本は先程の【ロープにテンションを掛ける(ピンと張る)方法】の逆をやればOKです。

今度は結び目を持った手を向こう側に送り、手前にあるロープを引けば、ロープが緩みます。

結びの解き方

末端を引っ張れば簡単に解けます。

他にもある。巻き結び(クローブヒッチ)のバリエーション

自在結びと言えば、こちらのほうがむしろメジャーかもしれません。

利点としては、テンションの調整の際に結びの移動がスムーズです。

欠点としては、2箇所を手繰り寄せないといけない手間があることが挙げられます。

一応紹介しましたが、この結び方に関しては、無理に覚える必要はないと思います。

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

お疲れさまでしたm(_ _)m

記事画像内のアイテム

【テーブル】

【パラコード(今回使ったのはライトグリーン&ブルー)】

【ソロにも複数キャンプにも使いやすい大きさのタープ】

【分割式ポール】

【自宅でも愛用しているキャンプマット】

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥5,962 (2020/10/28 03:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

老舗ならではの豊富なラインナップ!特集一覧やカテゴリ検索で欲しい商品がすぐ見つかる!アウトドアのコツやギア選びのヒントも盛りだくさん。



お得なセール情報が一目瞭然!自身に合ったお目当てのアイテムを探しやすい釣り&キャンプ初心者に優しいECサイト。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事