UberEats配達で困った案件(注文者編)

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

 

今回は私がUberEats配達員をやっていて困ったな〜と思った案件を紹介していきます。

 

私の配達員としての経歴

  • 配達員歴:1年半以上(2021年2月現在)
  • 配達件数:5300件以上
  • 配達エリア:東京(新宿区メイン)
  • 配達手段:自転車(4万円のクロスバイク
  • 一日あたりの稼働時間:平均すると大体5〜6時間くらい(週35〜42時間)
  • 月の稼ぎ:25万円前後
  • 配達員としての基本スタイル:フリーの日は昼のピークタイム2~3時間、夕方のピークタイム2~3時間、夜にゆるゆる1〜2時間稼働。他の業務や学業との兼ね合いにより増減あり。(稼働しない日もアリ)
Sponsored Link

こちらの事情を汲んでくれない注文者

令和2年7月1日現在、日本の総人口は1億2583万6千人(確定値)だそうです。

つまり、日本にはこんなにたくさんの人間がいるわけで、中には私の想定超える『自己中心的思考の権化』とも言える注文者も当然いらっしゃるわけですね。(個人的体験では大体2000人(件)に1人(件)くらいの割合)

 

ケース①:会話が成立しないパターン

※話を簡略化するため、事実と多少異なる表現を使っております。

アプリのバグだと思いますが、正確な住所が表記されておりません。住所を教えていただけないでしょうか?

今まで5回ほど頼んでますが、ちゃんと届いてますけど?

こんな感じで会話が成立しません。

 

お前の事情など知らん、さっさと届けろということでしょうか?

 

正確な住所を教えてくれれば、さっさと届けられるんですけどね(;^ω^)

 

注文者用のアプリでこちらの位置は把握できるはずなので、「ナビして欲しい」とお願いしましたが、その途端、なぜか発狂されました。

 

そしてBAD評価。ヨノナカハジツニユニークダ(´・ω・)

 

まぁ、たまたまお客様の機嫌が超絶悪かっただけかもしれませんが…

 

このケースの詳細はこちら↓

 

ケース②:説明が主観的すぎて伝わらないケース

※話を簡略化するため、事実と多少異なる表現を使っております。

アプリのバグが原因と思われますが、アパートの部屋番号が表記されておりません。教えていただけますでしょうか?

は?今どこにいるの?

〇〇〇というアパートですね。

そんなアパート知らないね。

地図上ではこちらにピンが立っておりますね。

うちは△△△ってところだけど?

えっ?なんてアパートですか?(相手の滑舌悪くてアパート名聞き取れない)

△△△!!(怒)

アプリの指示された場所にちゃんと来たはずなのにキレられるなんて……(´・ω・)

大きな道通ってきた!?そっから細い道入ってきた!?スーパー通過した!?

すみません。

その調子では、1ミリもこちらへ伝わりません。

お客様の言っているこの部分が、私には伝わらない
  • 「大きな道通ってきた?」

    「大きな」は主観的な表現であり、客観的な尺度ではない。ゆえに、こちらには正確に伝わらない。それに「大きな道」らしきものは東京都にたくさんある。
  • 「そっから細い道入ってきた?」

    「大きな道」よりたくさん存在するであろう「細い道」という超主観的ワードが登場。しかも、どの「細い道」、どの方向へ入ったら正解なのかのヒントもなし。
  • 「スーパー通過した?」

    すみません。通過した建物を全部把握しているほどの異常記憶力の持ち主ではありませんし、どのスーパーなのかも分かりません。

最終的には、来た道を少し戻ったところに、怒り心頭のお客様がいらっしゃったので、なんとか配達は完了することができました。

 

しかし、とことん自己中心的な思考をする人もいるものだなぁ、と感心してしまった一件でしたね。
セケンハオレノマワリヲマワッテイルミタイナ?(´・ω・)

 

まぁ、先程のケースと同じで、たまたまお客様の機嫌が超絶悪かっただけかもしれませんが…

 

ケース③:罪の意識がないケース

私が配達員を始めて2日目だったと記憶しています。

 

不思議な配達がありました。

 

タピオカミルクティーの配達先がイタリアンレストランになっていました。

 

えっ!?飲食店に配達するの?(;^ω^)

 

って感じでしたが、とりあえずお届けに向かいました。

 

そして、レジにいるスタッフの方に

お待たせしました。UberEatsです!

と言ったら

 

はぁ!?

という、なんだテメェ感を出されました(;^ω^)

 

お届け先、こちらになっていますが、どなたかタピオカミルクティー注文なさいましたか?

と聞くと

 

知らねぇよ!うちじゃねぇ!!

という、接客業者とは思えない対応をされました。

 

もはや、ただのチンピラ、輩(やから)ですね(;^ω^)

 

私の知り合いにイタリアンレストランで働いている人がいるのですが、そこでは肉体的&精神的暴力が日常茶飯事と言っていました。

う〜む、納得…( ˘ω˘)

 

まぁ、その話は置いといて……

 

お客様へ電話すると

あ、そこじゃない、となりの青いマンションの〇〇号室!

という感じで、表記ミスなんてなかったと言わんばかりの軽い口調。

 

しかし、青いと言われても、あたりは真っ暗。マンションの色が判別できない…(;^ω^)

 

そして、なんとか探し当てて料理を手渡しました。

 

その時ついでに私のスマホ画面を見せて

配達先の住所が、こんな感じで間違っているようですが…

と言いました。(これは次の配達員が困らないように、配達先表記の修正をお願いするための行動)

 

すると

あ、本当だ〜!分かりました〜↑↑

と言って、悪びれる様子0%で扉の向こうへと消えていきました。

 

まったく謝罪がない…だと……!?

 

いや、こちらはあなたのミスのおかげで、すごく不快な思いをしたわけですよ。

 

それに、先程の電話代も実費ですからね……。(当時はMVONのSIMなので通話料が高かった)

 

時間もかなりロスしたわけですし…(;^ω^)

 

まぁ、配達員の都合なんて分かるわけがないので仕方がないとは思いますが、配達員デビュー2日目にしてキツい洗礼を受けた、という感じでしょうかねぇ(´・ω・)

 

配達メモによる注文者とのトラブル

良心的な注文者とのやり取りでも問題が発生することがあります。

 

これはUberEatsアプリの分かりにくさ&しょっちゅう起こるバグが原因の場合が99%以上を占めます。(これは個人的体験による数値)

 

〇〇〇を貰ってください案件

店舗に溶融すべきことを配達メモに書いてしまっているケース

 

本来、お客様から直接店舗に要求すべきことを配達メモに書かれても配達員は困ってしまいます。

 

なぜ困るのか?

 

それは

「配達員が配達メモを見られるのは、梱包済みの料理を受け取った後」

だからです。

 

流れとしては

料理を受け取る

冷めないよう、すぐにバッグに入れて担ぐ

配達アプリを「配達開始」状態にする(ここで初めて配達メモを確認できる)

こんな感じですね。

 

そしてもし、配達メモ「〇〇〇を貰ってください」が書かれていた場合は、以下の手間が余分に発生します。

店舗側へ「お客様が〇〇〇を欲しがっています」と伝える

一旦担いだバッグを降ろして、梱包済み料理を取り出す

店員さんが梱包を解いて、要求された物を入れた後に再梱包

バッグに入れて担いで、出発

 

文章で読むと大した手間に感じないかもしれませんが、ランチ時間帯の混み合っている時間帯だと、店員さんも大忙し。

 

追加の品を入れて再梱包するのは大きな負担と時間のロスになります。

 

あと、これは知っておいてほしいことなのですが、店舗によってはお客様の追加要求には応じないところもあります。

 

とはいえ、ここらへんの事情はものすごく分かりにくいので注文者を攻めるわけにはいきません。(明らかにUberEatsアプリの仕様に問題がある)

 

店舗側に要求するにはどうすれば良いのか?が知りたい方はこちらの記事↓に目を通していただけると助かりますm(_ _)m

 

さいごに

まだまだ書きたい案件はたくさんあります。時間的・体力的・精神的余裕が出てきたら追記する予定です。

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事