UberEats比較 折りたたみ自転車とクロスバイクの配達感レビュー

こんにちは、おつまみ(@otsumami082)です。

現在私は、フードデリバリーサービス最大手のUberEats(ウーバーイーツ)配達員として人生を楽しく過ごしています。

私の配達員としての経歴はこちら↓

おつまみのプロフィール

  • 配達員歴:約1年(2020年10月現在)
  • 配達件数:4000件以上
  • 配達エリア:東京(新宿区メイン)
  • 配達手段:自転車(4万円のクロスバイク
  • 一日あたりの稼働時間:平均すると大体5〜6時間くらい(週35〜42時間)
  • 月の稼ぎ:16〜20万円くらい
  • 配達員としての基本スタイル:フリーの日は昼のピークタイム2~3時間、夕方のピークタイム2~3時間、夜にゆるゆる1〜2時間稼働。他の業務や学業との兼ね合いにより増減あり。(稼働しない日もアリ)

今回は、UberEats(フードデリバリー)を始めようにもどの自転車を買って良いのか分からない。低予算で済ませたい。そんな人のために私が、本格的な自転車メーカーであるNESTO(ネスト)のクロスバイクとtern(ターン)の折りたたみ自転車を使ってUberEats配達をしてみた実体験に基づく感想を書きました。

【比較する自転車】

  • クロスバイク(大口径)はNESTO(ネスト) VACANZE 2(約4万円)
    クロスバイク-バカンゼ

    NESTO(ネスト) Vacanze2

  • 折りたたみ自転車(小口径は)tern(ターン) LINK A7(約5万円)

tern(ターン) LINK A7(スマホホルダーとリング錠は別売り)

Vacanze2はNESTOのエントリーモデル的立ち位置、LINK A7はternのエントリーモデル的立ち位置というところで、比較対象としてはぴったりではないでしょうか。

※高価格帯の自転車はまともに乗ったことがないので、本記事では基本的に言及しないことといたします。

それぞれの体験レビューは別記事にて取り扱っているので良かったら遊びに来て下さい(*^^*)

Sponsored Link

単純スペック比較表

【Vacanze2】

クロスバイク-バカンゼ

カラー

6色

サイズ

            400mm(150-165cm)

            440mm(160-175cm)

            480mm(170-185cm)

            重さ

            10.3㎏ (480mm)

            変速

            7 Speed

            軽量で頑丈な6061アルミフレームや同価格帯ではワンランク上のホイールを採用した4万5千円未満最軽量※クロスバイク。グリップの良い32Cタイヤがブレーキやコーナリング時の安心感を高める。無駄を省いたシンプルな操作感とスタイリッシュなデザインが魅力。

            ※国内販売中の4万5千円未満クロスバイクにおいて/2018年11月現在・当社調べ

            フレーム

            6061アルミ

            フォーク

            アルミ コラム径28.6mm

            BBセット

            スクエアテーパーBB

            ギアクランク

            42T 165mm(400440) 170mm(480)

            F.ディレーラー

            -

            R.ディレーラー

            SHIMANO RD-TY300

            シフター

            SHIMANO SL-TX30

            ブレーキセット

            TEKTRO J310

            ブレーキレバー

            TEKTRO CL520-RS

            ギア

            SHIMANO CS-HG200 7S 12-32T

            ハンドルバー

            スチール クランプ径25.4mm ハンドル幅580mm

            ハンドルステム

            アルミ 60mm(400) 80mm(440) 100mm(480)

            サドル

            オリジナルサドルスチールレール

            シートピラー

            スチール 27.2x350mm

            ペダル

            フラットペダル

            F.ハブ

            JOYTECH 28H OLD:100mm クイックリリース

            R.ハブ

            JOYTECH 28H OLD:130mm クイックリリース

            タイヤ

            KENDA 1029 700x32C

            付属品

            ライト・ベル・リフレクター・スタンド・バルブアダプター

            車種記号

            NE-18-006

            出典:https://nestobikes.com/products/vacanze_2-k/

             

             

            【LINK A7】

            仕様

            価格

            46,000円(税別

            速度

            7

            重量

            12.1kg

            ホイールサイズ

            20インチ(406)

            ダークガンメタル/グレー、ダークレッド/レッド、シルバー/グレー、ブルー/ブルー、ブラック/グレー

            フレーム

            アルミニウム、FBLジョイント

            推奨されるライダーの身長

            142190cm

            ハンドルバーへのシートポスト

            最小:600mm最大:650mm

            ペダルにサドル

            最小:700mm最大:960mm

            折りたたみサイズ

            W80×H73×D39.5cm

            フォーク

            高張力鋼

            ハンドルポスト

            鍛造アルミニウム、110mmから95.5mm(地面から中央のハンドルポストまで)/

            該当なし

            シートポスト

            スーパーオーバーサイズ、6061-AL、マイクロアジャストクランプ

            ホイール

            F:ミニ、アルミ、ダブルウォール、74mm28H /ブラック

            R:フォーミュラ、ダブルウォール、130mm28H /ブラック

            タイヤ

            Kenda Kwest40620×1.5 E / V

            シフター

            ShimanoSL-RS35Revoshift7spd

            ディレイラー

            FN / A

            RShimanoRD-TY21B、トーナメント、7spd

            クランクセット

            冷間鍛造6061アルミニウム、52T

            カセット/フリーホイール

            ShimanoMF-TZ2114-28T7spd

            キックスタンド

            デラックスセンターマウント、250mm /ブラック

            フェンダー

            RPクロームプラスチック、ステンレスハードウェア/ブラック

            ペダル

            折りたたみ式ではないナイロンボデ

            出典:https://www.ternbicycles.jp/2018/products/Link_A7/

             

            どちらがUberEats(フードデリバリー)に適しているか

            答えはダントツでVACANZE 2(クロスバイク)です。

            • 楽しさ
            • 料理運搬時の安定感
            • 疲れにくさ

            これらすべてが LINK A7(折りたたみ自転車)を上回っていると思いました。

            ※あくまで個人の体験に基づく感想です。自転車は個々の体格&使用状況により、向き不向きがあります。

            配達中に感じる違い(体感)

            ※ちなみに私の身長は185cmです。小柄な方が乗った感覚と大きく異なる可能性があることを念頭においてお読み下さいm(_ _)m

            VACANZE 2(クロスバイク)に乗った体験には以下の特徴があります。

            • 加速感による楽しさ
            • 坂道でもスイスイ進む
            • スピードの持続
            • 大きなフレーム&ハンドルバー&タイヤによる安定感
            • 漕ぎ出しは重たい
            • 長時間の配達でも疲れにくい

             

            LINK A7(折りたたみ自転車)に乗った体験には以下の特徴があります。

            • 加速感がなく配達が楽しくない
            • 多少の坂道でも辛さを感じる
            • 小さなフレーム&ハンドルバー&タイヤによる不安定さ(大きな動作(立ち漕ぎなど)の際に顕著)
            • 長時間の配達では疲れてしまう

            なぜ、クロスバイクの方が適しているのか

            自身の体格によって3つのサイズを選べるのが、快適なライドに繋がっているのだと思います。

            フレームだけでなくハンドルステムやギアグランクの大きさもサイズによって変わっているようです。また、スピードの維持には大きなタイヤのほうが適しているので、長時間&長距離になりがちなUberEats(フードデリバリー)に向いているのでしょう。

            対して LINK A7(折りたたみ自転車)はワンサイズ製造。

            推奨ライダーの身長は142〜190cmとのことですが、185cmの私には少し窮屈さを感じます。自身でハンドルやサドルの高さを変えられるものの、他の要素(フレームの長さやハンドルバーの長さ、ギアグランクの長さ&位置など)が自身の体格に合っていないのでしょう。

            また、料理の運搬には安定感のある走行が必須。小さなフレーム&ハンドルバー&タイヤによる不安定さは大きなマイナスポイントであると実感しました。

            折りたたみ自転車(LINK A7)の方が良い人もいる

            ここまで LINK A7(折りたたみ自転車)よりVACANZE 2(クロスバイク)のほうが良いという意見に傾いてきましたが、もちろんすべての人がそうとは限らないと思います。ここでは、vacanze2(クロスバイク)より LINK A7(折りたたみ自転車)の購入を検討した方が良さそうな人の条件を考察いたします。

            • UberEats(フードデリバリー)は1日数件しか行わない
            • UberEats(フードデリバリー)に楽しさなど求めない!あくまでスキマ時間の副業であるという認識
            • 稼働地域に坂道が少ない
            • 体格の違う他人とのシェアを考えている
            • 折りたたみ自転車(LINK A7)に体格が適している
            • 狭い自宅に保管したい
            • 泥除け含めて、標準装備が充実している方が良い
            • その他、折りたたみ自転車の方が都合が良いと感じている

            UberEats(フードデリバリー)は1日数件しか行わないという人

            1日1~5件くらいの短時間ライドでしたら、LINK A7(折りたたみ自転車)でも問題ないとは思います。

            UberEats(フードデリバリー)に楽しさなど求めない!あくまでスキマ時間の副業であるという認識の人

            vacanze2(クロスバイク)での配達の大きなメリットは、ライド中の爽快感であると私は思っています。

            しかし

            そんなもの別に求めていないんですけどw

            という人にはLINK A7(折りたたみ自転車)で十分なのではないでしょうか。

            稼働地域に坂道が少ない

            LINK A7(折りたたみ自転車)は平地での乗り心地に問題はありません。しかし、上り坂は苦手であると感じました。アップダウンの激しくないなだらかな地域ならば購入はありと言えます。

            体格の違う他人とのシェアを考えている

            LINK A7はサドルとハンドルの高さを自由に変えられるので、さまざまな体格の人とシェアするのに向いています。

            折りたたみ自転車(LINK A7)に体格が適している

            推奨されるライダーの身長は142〜190cmとのことなので、中央値付近の人にとって乗りやすい作りになっているのかもしれません。

            狭い自宅に保管したい

            小さな玄関先にも置くことができます。

            実際の保管方法はtern(ターン) LINK A7保管方法(私の場合)を御覧ください。

            泥除け含めて、標準装備が充実している方が良い

            LINK A7は泥除け&リフレクター&スタンド&ベルが標準装備なので、パーツ取り寄せの手間が少なくて済みます。

            配達に使うのなら、取り付けたまま折りたたみが可能なスマホホルダー&鍵&ライトを使うと取り外しの手間がなく便利です。

            折りたたみ方法はtern(ターン) LINK A7の折りたたみ方法を参考にしてみて下さい。

            また、付属品の取り外しがめんどくさいと感じている人は【付属品をつけたままでも折り畳み&運搬が可能】も併せてご覧になることをおすすめいたします。

            まとめ

            今回はNESTO製クロスバイクのエントリーモデルVACANZE 2(約4万円)と、tern製折りたたみ自転車のLINK A7(約5万円)を使ってUberEats(フードデリバリー)してみた際の感想と比較をしてみました。

            個人的には、圧倒的にVACANZE 2がUberEatsに適していると感じています。

            その主な理由は

            • 加速感による楽しさ
            • 坂道でもスイスイ進む
            • スピードの持続
            • 大きなフレーム&ハンドルバー&タイヤによる安定感
            • 漕ぎ出しは重たい
            • 長時間の配達でも疲れにくい

            からでした。

            created by Rinker
            ネスト(Nesto)
            ¥42,900 (2020/10/27 12:11:16時点 Amazon調べ-詳細)

            【小さめサイズ(150-165cmの方向け)】

            created by Rinker
            ネスト(Nesto)
            ¥36,182 (2020/10/28 10:54:58時点 Amazon調べ-詳細)

            しかし、使用者の状況によっては折りたたみ自転車(LINK A7)をUberEatsに使うのは悪くない選択だと思いました。

            例えば

            • UberEats(フードデリバリー)は1日数件しか行わない
            • UberEats(フードデリバリー)に楽しさなど求めない!あくまでスキマ時間の副業であるという認識
            • 稼働地域に坂道が少ない
            • 体格の違う他人とのシェアを考えている
            • 折りたたみ自転車(LINK A7)に体格が適している
            • 狭い自宅に保管したい
            • 泥除け含めて、標準装備が充実している方が良い
            • その他、折りたたみ自転車の方が都合が良いと感じている

            こんな人ですね。

            それでは良きUberEatsライフをお過ごし下さい(`・ω・´)ゞ

            【ワイズロードオンライン】
            スポーツサイクル専門店最大手のY'sRoad。オンラインショップ限定でのオトクな割引あり!!ポイントもゲット!!折りたたみやミニベロなどの小径タイプ、キッズバイクも取り扱ってます。

            自転車通販サイト【cyma】
            あの人気自転車が最大30%OFF!!年間売上No.1!!ママチャリ、電動アシスト車、本格的なスポーツ車など日本最大級の品揃え。保証内容も充実。

            Twitterでフォローしよう

            おすすめの記事